VIE & HNL * Diary

28 countries visited
by yukiriss
最新の記事
16.06|Hotel Sa..
at 2017-05-22 14:00
16.06|Hotel Sa..
at 2017-05-18 16:30
16.06|Hotel Sa..
at 2017-05-17 21:30
16.06|Hotel Sa..
at 2017-05-15 14:00
16.06|Hotel Sa..
at 2017-05-13 12:00
カテゴリ
記事ランキング
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

カテゴリ:2016.06 ウィーン( 27 )


16.06|Hotel Sacher Wien #7(Dinner @Room Service)


今夜は予定があるので早めのディナー
チェックイン5時間後にRoom Service(笑)ヾ(@>▽<@)ノ
これもHotel Lifeの楽しみ♡
a0294021_11365090.jpg


なんとなく
Suite Room宿泊の場合は
スーパーやデリ御飯を持ち込みたくありませんww
こんな時ぐらい贅沢に過ごそうよ☆
という考えです(笑)
a0294021_12293885.jpg


Sautéed prawns with seasonal pesto
and creamy risotto

EUR 31.00

エビの弾力が凄い( ´ ▽ ` )ノ
ソースが濃厚で食べ応えあるリゾット(3,800円なのも納得)
Sacher-torteだけが名物じゃないのよ♪
a0294021_11403260.jpg


今日は朝から泡を楽しんだ事もあり(Grand Hotel Wien
飲み物はフレッシュオレンジで我慢
EUR 6,00

正面はOpera House
右を向けばAlbertina Gallery
振り返ればクラシカルな調度品ヾ(@>▽<@)ノ
好きな物に囲まれる幸せ♡
a0294021_11485549.jpg


オーストリアの食事は
見た目よりボリュームありますが
ランチを抜いて調整したので全く問題なし( ´ ▽ ` )ノ
美味しくいただきました

さすがにパンは入らないから(笑)
手を付けず翌日の朝食へ
a0294021_1143104.jpg


真っ白なクロスにオリジナル食器
熱々で運ばれてくるのでレストランも同然ヾ(@>▽<@)ノ
全部で EUR 46.00 w/Tip(5,700円)
a0294021_11413688.jpg

1人だろうと2人だろうと
「旅スタイル」が変わらなくなってきた事が嬉しい( ´ ▽ ` )ノ
ホテルも観光も!そして食事も〜♪

さて お腹が満たされたら
軽くドレスアップしてお出掛けです

※当ブログ内の記事及び画像の無断転用リンクを禁じます※



by yukiriss66 | 2017-05-22 14:00 | 2016.06 ウィーン

16.06|Hotel Sacher Wien #6(Albertina View)


Deluxe Junior Suite Room
お部屋バスルームクローゼットの次は眺望編

#3でも書いた通り
贅沢極まりないダブルビューの部屋
これが+ Deluxeの条件らしく後々気付いた時は
「2カテではなく3カテUGだったのね」と喜び倍増( ´ ▽ ` )ノ
まず正面がAlbertina Gallery
a0294021_14155055.jpg


私が「最もWienらしい」と感じる風景
初訪問時(2008年)に惹かれた思い出の場所という
理由もあるのですが( ´ ▽ ` )ノ

あのセリフ@another skyを言うなら
ここと決めてるww
a0294021_14151593.jpg


過去の国内旅でも
Suite Stayは最長で3泊だったな〜

それが海外♡ヨーロッパ♡
世界一好きな国の首都♡一等地♡
6連泊も出来る幸せを噛み締める私ヾ(@>▽<@)ノ
a0294021_14442074.jpg


8年前はまさか
Sacher Wienが定宿になるとは思わなかったし(笑)
「一生に一度で良いから...」と懇願する
憧れ的存在でしたから♪
a0294021_14441123.jpg


間取り図
角部屋の贅沢さが一目瞭然( ´ ▽ ` )ノ
ん?私の部屋 広くない?リビングだけで両隣の倍あるww

Wien旅では "良いこと" の連続♡
いつもトラブルとは無縁というだけでも有難いのに
神様に守られてるわ(笑)
a0294021_14434088.jpg


Opera House View
前回のStayであれだけ堪能したのに まだ足りない♡
そう思っていたので嬉しいサプライズ
a0294021_14153269.jpg


バルコニーには出られませんが
ここはリゾートじゃないから無問題( ´ ▽ ` )ノ

勿論 扉も窓も開けられます♪
教会の鐘の音〜石畳に響く蹄の音@馬車
a0294021_14432342.jpg


見上げたり見下ろしたり(笑)
a0294021_1416185.jpg


この窓枠スペースがお気に入り☺︎
少し突き出ている → 扉を開けても家具にぶつからない
a0294021_14452313.jpg


Deluxe Roomは眺望が不明で
念のため「Albertina or Opera View」をリクエストしておいた私
まさか両方叶うとは思ってもみなくて
本当に驚きました♡

1日中ここに座っていられると思うほど
贅沢な眺め( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_1446033.jpg


外観から位置チェック
(2Fだけど)3F部分が私の部屋( ´ ▽ ` )ノ
前を通る度に嬉しくて嬉しくて♡
a0294021_1445143.jpg


横写真も御覧下さい(笑)
毎朝、毎晩、部屋に戻る度にウットリ眺めては撮影
この繰り返しヾ(@>▽<@)ノ

充分目に焼き付いている風景なのに
飽きないんですよね〜♡
a0294021_14443542.jpg


Wienの朝( ´ ▽ ` )ノ
観光客もおらず静かな街の姿...
窓を開けて深呼吸した後はiPodで この曲を聴こう♪
Michael W.Smith 「Prayer For Taylor」
なっ!泣けるう〜(笑)

こういう1人時間が宝物♡
a0294021_14445467.jpg


ズームレンズが大活躍( ´ ▽ ` )ノ
Albertina奥に見える尖塔はアウグスティーナ教会
ここを直進すれば王宮へ辿り着きます

しかしこうして見ると
Wien中心部は意外に石畳少ないね(笑)
a0294021_14475510.jpg


写真は7日間で撮り溜めた中から厳選してUP
心配だった雷雨の予報は全て夕方〜夜にずれ込みました
ほぼ毎日それがあったものの
一度も傘をささずに済んだのは奇跡☆

"晴れ女あるある" ですねヾ(@>▽<@)ノ
a0294021_14453841.jpg

Blue Moment編は別記事で紹介予定♡
ここでまとめたら勿体ない(笑)

※当ブログ内の記事及び画像の無断転用リンクを禁じます※



by yukiriss66 | 2017-05-18 16:30 | 2016.06 ウィーン

16.06|Hotel Sacher Wien #5(Closet)


Deluxe Junior Suite Room
お部屋バスルームの次は収納スペース

同カテゴリでも
部屋ごとに間取りが異なるSacher
載せてもあまり参考にならない気がしますが(笑)
いつもの流れでUP( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_22463713.jpg


バスルームへ続く扉の両サイドが全てクローゼット♡
これぞデッドスペースの有効活用
a0294021_2275948.jpg


中も綺麗ヾ(@>▽<@)ノ
ブラウンよりホワイトの方が清潔感UP
「あれ?随分縦長?」気付かれた方は さすがです
a0294021_22545344.jpg


天井が高い部屋で
バーまで手が届かない(笑)
これ167㎝の私がスリッパを履いた状態の写真
ハンガーの端を持ってクイッと引っ掛けることは出来ますが
背の低い方には使いづらいかも^^;

2Fは身長制限あったりしてww
a0294021_17512625.jpg


ほとんど使いませんが
セイフティボックスに引き出しも充実
a0294021_17505842.jpg


備品にもオリジナルカラーが使われていて
統一感があります♪
a0294021_1752537.jpg


老舗ホテルではお馴染み
ロゴ入りハンガーヾ(@>▽<@)ノ
ホテル名が微妙だったら「ふーん」となるかも知れない
そこは結構気にするタイプww
a0294021_22523222.jpg


お気に入りワンピを掛ける瞬間が幸せ♡
毎日気分を変えたいので「着回しテク」等 全く考えず
泊数分 持参( ´ ▽ ` )ノ

Hotel Lifeな旅では
「相応しいゲストでありたい」という思いから
ファッションにも気を使いますし
衣装がスーツケースの2/3を埋め尽くすのも恒例(笑)
お土産を買いまくるツアー旅とは真逆
a0294021_12211932.jpg


基本中の基本ですが
「洋服はシワにならない物」を選びます( ´ ▽ ` )ノ
タック入りワンピもご覧の通り♡

いくらハイブランドであろうとシワシワじゃ台無しです
(一応アイロンやランドリーサービスありますが)
a0294021_12492482.jpg


ショッパーごとクローゼットにINヾ(@>▽<@)ノ
最終日のパッキングまで待機
埃も被らず安心
a0294021_12231080.jpg


収納部分が充実していると
物が出しっぱなしにならないからスッキリ( ´ ▽ ` )ノ
いつでもチェックイン状態の写真が撮れる♪
(元通りに掃除してくれます)
a0294021_12363566.jpg


今回のお部屋は
ウォークインクローゼットや荷台がなく
「えーーーまさか床置き!?」
と思ったらベルマンがささっとセッティング( ´ ▽ ` )ノ
Baggage Rackのダブル使い

まあ 冷静に考えればSuite Roomで
しゃがんでパッキングなど ありえないか(笑)
a0294021_23104189.jpg


Mini Bar
オレンジジュースが美味しくて
「目覚めの一杯」として手が伸びちゃうヾ(@>▽<@)ノ
もちろん課金されますがカフェで飲むのと
然程 変わりませんよ
a0294021_23214311.jpg


ホテルマガジンはドイツ語+英語
まとめて勉強出来るのが良い( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_2324338.jpg


ザルツブルク旧市街
この写真!額に入れて飾りたいヾ(@>▽<@)ノ
早くLeica欲しいな〜♪
a0294021_23261736.jpg


ファッション雑誌
私の好きなものばかり(笑)
ワンピ、ミニバッグ、ブレスレット、時計...
a0294021_23264791.jpg


CHANELの広告に反応( ´ ▽ ` )ノ
「40代になったらマトラッセを持ちたい」と考えていて
あと数年かと思うと楽しみ♡

パリの本店で買うのだーーーーーー!
とウィーン記事で宣言ww
a0294021_23272210.jpg


話を戻しまして(笑)
もう片方が余るほどの贅沢クローゼット
いつか1ヶ月ほど長期滞在してみたいものです( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_23233113.jpg

次はお部屋からの景色

※当ブログ内の記事及び画像の無断転用リンクを禁じます※



by yukiriss66 | 2017-05-17 21:30 | 2016.06 ウィーン

16.06|Hotel Sacher Wien #4(Bathroom)


Deluxe Junior Suite Room

お部屋の次はバスルーム
Marble(大理石)で明るい空間
バスルームというよりもパウダールーム( ´ ▽ ` )ノ
優雅な雰囲気です♡
a0294021_13594326.jpg


前回泊まったExecutive Suiteよりも
天井が高くて開放的

仲良しベルマンが
「去年の方がカテゴリは上だけど
部屋のグレードが高いのはこっち」と教えてくれたのですが
うん!妙に納得( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_1231235.jpg


Time to Chocolat
アメニティーはホテルオリジナル
Suite Roomはボトルの容量も大きく たっぷり使えます
使用感、デザインともに
これを超えるホテルはないでしょう

ほのかに甘いチョコの香り
バスルームにふんわり広がる瞬間がとても贅沢♡
a0294021_1336498.jpg


Shopで購入可能
さあ!チョコ中毒の あなたも!
食べてばっかりいないで(笑)香りを楽しみましょヾ(@>▽<@)ノ
これなら太らないよww

チェーンホテルではないため
ロゴ入りグッズも特別な物に感じます
a0294021_13355650.jpg


充分広いバスルームが
大きな一枚鏡で更に開放感UP( ´ ▽ ` )ノ
拡大鏡もLEDライト付き

中央の黒い部分はミラーTV
テレビっ子じゃないのに(笑)あると嬉しい
a0294021_12335575.jpg


老舗ホテル=設備が古い
こういうイメージを持たれる方も多いと思いますが
オーストリアの5ツ星は快適で「他と一緒にされちゃ〜困るねん」
なんて小学生みたいな発言↑してみる(笑)

ダブルシンクに
お手洗いとシャワーブースはセパレート
(Top Deluxe以下の部屋は不明)
a0294021_1335405.jpg


お手洗いまで堂々と撮れてしまう清潔さ( ´ ▽ ` )ノ
「微妙なものはフレームアウト」
そんな箇所ありませんから♡(ドヤ顔・笑)

いくら高級ランクだろうと
水周りが中途半端では「おすすめホテル」とは言えないし
オシャレなだけじゃ駄目駄目
a0294021_1336293.jpg


平均 6泊するのですが
夏は1日に2回(夜お風呂、朝シャワー)使いたくなる
快適なバスルーム( ´ ▽ ` )ノ
受話器のようなハンドシャワーが好き♡
a0294021_13373331.jpg


オーストリアは水質も良く肌や髪のトラブルとは無縁
冬は床暖房でぬくぬくバスルーム
a0294021_1231256.jpg


バスピローも完備
タオルを丸めて置くのとはわけが違います(笑)
hahahaヾ(@>▽<@)ノ
a0294021_1337482.jpg


シンク、バス、シャワー
3か所に置かれているボディソープ
わざわざ持ち運ばなくて良いのがラク( ´ ▽ ` )ノ

体も顔も固形ソープ派の私は
余計にそう感じます
a0294021_13375611.jpg


タオルウォーマーにかけられた
ホカホカのバスタオルに包まれる時の気持ち良いこと♡
しかし天井高いよねヾ(@>▽<@)ノ
普通2段だものww
a0294021_13372683.jpg


バスローブもClosetではなく
こうしてバスルーム内に掛けてあると使いやすい( ´ ▽ ` )ノ

ふわふわ過ぎず(これ重要)吸収性◎
バスローブを着用している間に
ボリュームあるロングヘアも自然と乾いちゃいます♪
a0294021_13383362.jpg


バスマットだけでも4枚という贅沢
(これはTurn-down用)
a0294021_12314559.jpg


Suite Room専用のスリッパ
ゴールドのパイピングにホテルロゴの刺繍入り
サイズも男女別( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_1233851.jpg


ヘアドライヤー
見れば見るほど好きになるデザイン♡
高級ホテルの場合 バスケットか袋にきちんと収納されており
壁に掛けたりしない傾向のよう( ´ ▽ ` )ノ
生活感を出さない工夫?

風力抜群!やや重いけど(笑)
マイドライヤーを持参するので問題なし
a0294021_12333197.jpg


スキンケアを並べてみたの図( ´ ▽ ` )ノ
全部 CHANEL♡(幸せ)

初日に出しておくと
翌日の清掃時にこうして布を敷いてくれるのです
これもラグジュアリーホテルお馴染み
a0294021_13361283.jpg


振り返るとこんな感じ
「大理石のバスルーム」と「フローリングの部屋」
対比が素敵( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_12321763.jpg


シンク横には可愛いお花
メークする時間もホッと和むのよね♡

滞在中 取り替えて下さるので
それを楽しめるのも勿論 連泊ならでは( ´ ▽ ` )ノ
去年このフラワーベースを購入
a0294021_13363623.jpg


窓があって明るいバスルーム
角部屋は良いこと尽くめヾ(@>▽<@)ノ
今回は特にEarly Check-in/Late Check-outだった事もあり
存分にSuiteを楽しめたのでした
a0294021_13374033.jpg

改装したのは確か2012年
4年経過したとは思えないピカピカ度
「ハウスキーパーが優秀なホテル(掃除が早く丁寧)は間違いなし」
数々のラグジュアリーホテルに泊まってきて
分かった事です( ´ ▽ ` )ノ

次はクローゼット(収納)編

※当ブログ内の記事及び画像の無断転用リンクを禁じます※



by yukiriss66 | 2017-05-15 14:00 | 2016.06 ウィーン

16.06|Hotel Sacher Wien #3(Deluxe Junior Suite Room)


久々のウィーン記事
大変長らくお待たせしました♡
約1年も引っ張っただけのことはある素敵なお部屋です
ホテル好きな方は発作(泊まりたい病)が
出るかも?haha

* * *

Deluxe Junior Suite Room
前回に続き再びスイートに連泊できる幸せヾ(@>▽<@)ノ
しかも独り占めです(笑)
a0294021_22394658.jpg


入り口からして豪華♡
心落ち着かせてくれるホワイエのようなスペース
開けたら部屋ドーン(笑)じゃないのが
さすがSuite( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_22404224.jpg


扉を開けてもベッドが見えない(これ重要)
プライバシーを保てる間取り
a0294021_2247408.jpg


Hotel Sacherは
同じカテゴリ内でも「部屋の内装が異なる」ため
リピーターを飽きさせないのです

欧州ではこのようなタイプが多く
当たり外れが大きなホテルもあるのですが(笑)
Sacherは心配ご無用
a0294021_22494157.jpg


ついにキターーー(笑)
念願のPink♡♡♡

会員ということもありますが
期待以上のお部屋を用意して下さるので
益々ホテルが好きになってしまうヾ(@>▽<@)ノ
a0294021_2241594.jpg


フローリング×薔薇のラグ
高級感ありつつも優しく上品( ´ ▽ ` )ノ

お部屋は50〜70㎡らしい
独り占めするには贅沢過ぎる広さ♡
a0294021_22464097.jpg


シッティングエリア

掛け心地の良いソファー&チェア、ガラスの猫脚テーブル
ピンクグラデーションで統一されたクッション
女性なら誰もが気に入りそう♡
a0294021_224328.jpg


前回に続きOpera Viewヾ(@>▽<@)ノ
去年あたりから「リゾート以外も眺望重視」になりつつある私
海外旅ではテンションを下げたくないので
ここはケチらない主義♪
(詳細は「眺望編」でUP予定)
a0294021_2238461.jpg


Hotel Sacherは
「テーマカラー」が決められていて
過去に泊まった部屋はモスグリーン → ブルー → イエロー → ブルー
残すはピンク♡そう思っていました

何も言わなくても期待に応えてくれるSacher
ここまで満足度の高いホテルは
他にない( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_22441267.jpg


壁デザインまで
淵にピンクを施したりと完璧
(過去のお部屋もそれぞれテーマカラーで統一)
a0294021_22421024.jpg


重厚感あるカーテンも淡いピンクで軽やかに見えます
ここがペラッペラだったり
床に垂れ下がっているとNG^^;

排気口のカバーまでこの拘り♡
前半泊まったGrand Hotel Wienも同じでしたよ
a0294021_22503865.jpg


Welcome Gift
今回はなぜか2人分持って来てくれました(笑)
毎日補充されるのでラッキー

名物Sacher-Torte(Cube)
6月はカラッとして暑くない気候
濃厚なチョコも美味しく頂けます( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_22381181.jpg


年々フルーツが豪華になっていくのは
宿泊回数が増えているせい?

お水にフルーツに♡
ラグジュアリーホテルStay=スーパーに行く必要がない
これぞ非日常ヾ(@>▽<@)ノ
a0294021_22401086.jpg


実は角部屋( ´ ▽ ` )ノ
2面採光で部屋が明るく開放感抜群
a0294021_22373461.jpg


前回のStayで
「次はAlbertina Viewが良い」と呟いたのを
覚えておられるでしょうか?

半年後に叶っちゃった( ´ ▽ ` )ノ
嬉しさ爆発な私に(笑)スタッフも満面の笑み
a0294021_22423680.jpg


TVボード
猫脚や取手のデザイン
見ていて全く飽きません(TVは観ないww)
a0294021_22485589.jpg


ライティングデスク
TVボード↑と一体化してしまうと
途端にビジホっぽく見えるので別々が良い( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_22391621.jpg


Albertan Viewとあって
棚には関連書籍がさりげなく♡
トータルコーディネート力にも脱帽です
a0294021_22371260.jpg


左 : ホテル案内
Hotel Lifeじゃない旅では開きもしなかったけど
今は隈なく目を通します( ´ ▽ ` )ノ
レターセットやカードも素敵ですし
Room Service Menuチェックは欠かせない

右 : LHW Book「次はどこに泊まろうかな」そんな時間も贅沢
この本が今 自宅にあったりする(笑)
詳細は別記事で♪
a0294021_22471991.jpg


前回私が気に入った写真が
ミニブックの表紙になっていました( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_2248221.jpg


アンティーク家具に対し
ベッド周りはシンプルで機能的( ´ ▽ ` )ノ
リネンの肌触りも◎
a0294021_08585.jpg


ベッドサイドもスッキリ
LOOK!ピカピカに磨かれています
スイッチも両サイドにあり設備面での不満は一切ありません

まあ 頻繁に 部屋に帰る私は
カメラやスマホも その都度 充電出来るけど(笑)
a0294021_22444851.jpg


ベッドから何度
美しいシャンデリアを見上げた事でしょうか♡
前の4Fよりも遥かに天井が高い2F

この後「身長が高くて良かった」と思える出来事が
待っています( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_2238286.jpg


リンク内で街の中心部
二重窓で防音対策もバッチリですが
元々うるさくありません

治安も良く
深夜に若者が騒ぐ様な場所じゃない
どちらかといえばオペラやコンサート帰りの紳士淑女や
馬車が通り過ぎる一等地( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_22414471.jpg


以前「青のドレス」を願掛け持参したように
今回はライトピンクのドレスを♡ほ〜らピッタリヾ(@>▽<@)ノ
(ね?嘘じゃないでしょ)
a0294021_22451884.jpg


香水(ヘアミスト)も同じ色♡
ヨーロッパでは香りのお洒落が重要
付け忘れると何だかノーメークのようで恥ずかしい
a0294021_22455980.jpg


全てのSuite Roomには
オペラにちなんだ名前が付いており
さすが楽都Wienを代表するホテルだけあるなと( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_22492038.jpg


ベストシーズンの6月はレートも高く
今回はDeluxe Roomで予約
1泊 約500ユーロ(62,000円)×6泊=372,000円

これでも充分奮発価格ですが
その他 航空券や前半ホテル、買い物を合わせると
全部で7桁越え^^;
a0294021_22501131.jpg

それがLHW経由の予約で
「3カテゴリー」もアップグレード( ´ ▽ ` )ノ
Deluxe Junior Suiteレートを調べると(2016.06)
1泊 約 13万×6泊=78万円

ひ〜〜〜(笑)Sacherさまさま!
RDさまさまですww
次はバスルーム

※当ブログ内の記事及び画像の無断転用リンクを禁じます※



by yukiriss66 | 2017-05-13 12:00 | 2016.06 ウィーン

16.06|Hotel Sacher Wien #2(Lobby & Public Space)


ホテルのLobby
息をのむような美しさ( ´ ▽ ` )ノ

この雰囲気で だだっ広いと
きっと豪華過ぎて落ち着かないと思う
こじんまり空間でクラシカルにまとまっていて私好み♡
a0294021_0263764.jpg


「もう何度も撮影しているので1枚だけ」
「繰り返しになるからカット」とは絶対にならない(笑)

Stayごとに載せちゃうよヾ(@>▽<@)ノ
カメラやレンズを変えれば違った世界が見えてくるし
いつかライカで撮影するのが夢
a0294021_0302013.jpg


過去記事も添付します
2015.07はブロンズ像 →
2015.12はクリスマスデコレーション →

ロビーの右奥がレセプション
a0294021_0211224.jpg


3回目にしてやっと撮れた( ´ ▽ ` )ノ
不思議と混み合っているのを見た事がありません(笑)
EVでもほとんどゲストに会わないし

Wienの中心部でありながら
ホテルに帰ると静かでホッとします
a0294021_0213367.jpg


季節ごとに変わるロビー
6月はHydrangea & Anthurium

日本人には「梅雨」を連想させる花(しっとりしたイメージ)
ヨーロピアンクラシックな内装には
こんな風にマッチするのね
a0294021_025462.jpg


またこのパープルが
エレガントな真紅のLobbyに負けてないのが凄い!
お互いがお互いを引き立てて
馴染んでいるのです

ピンクの花瓶ね〜なるほど( ´ ▽ ` )ノ
私には思いつきません♡斬新
a0294021_0311688.jpg


Lobbyから見たエントランス
ドアマンやベルマンがいない一瞬を狙うのも大変
奇跡の1枚かも知れないヾ(@>▽<@)ノ

この「ゲスト以外は入りにくい空気」が何とも好き(笑)
自動ドアじゃないのも良い♡
a0294021_022062.jpg


数日後 花瓶の色が赤に!
長く滞在すると僅かな変化にもすぐ気付くし
全く飽きません( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_0272758.jpg


しかも取り替えたばかりでお花が生き生き♡
" ぼんぼり "みたいで可愛い
a0294021_0271219.jpg


2015年12月に観に行った
映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』

Wienがロケ地で勿論Hotel Sacherも( ´ ▽ ` )ノ
主演のヘレン・ミレン氏が泊まる設定
コンシェルジュやドアマンは本物(と気付けたのが嬉しい)
更にはお部屋ドアのノック音まで
「聴き覚えある」ww
a0294021_0304071.jpg


ちょうど私が座ったソファーにもヘレン・ミレン氏が♡
嬉しい瞬間の連続で2回も観に行ったほど
ドイツ語訛りの英語も完璧でした

クリムトの絵画や美しいWienの街並み
裁判シーンも過去の職業柄 退屈しなかったよ
DVD買わなきゃ( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_02836100.jpg


ロビーの左奥にはBLAUE BAR
レセプションと同じく「隠し部屋」のような
小さな入り口が素敵
a0294021_029118.jpg


前にも触れましたが
夜は大人達がグラス片手にaperitif♡
場所柄、オペラ前に立ち寄る方も多いのでしょうね
お洒落な紳士淑女だらけ( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_0293672.jpg


名前の通り Blueの空間
ソファー、壁、オリジナル食器もレッドではなく
ここではダークブルーのラインらしい

それを確かめるべく
次は行かなきゃねヾ(@>▽<@)ノ
カップルの邪魔にならないように気を付けます(笑)
a0294021_030145.jpg


客室フロア
アイボリーを基調とした明るい廊下
ドアノブ&プレートはゴールドで統一( ´ ▽ ` )ノ
更にはダマスク柄のカーペットがあるから地味にならず
お部屋のようにエレガント♡
a0294021_03245.jpg


一見 近代的なEVも
扉が開くと中はクラシカルヾ(@>▽<@)ノ
a0294021_0195271.jpg


バラスターの装飾が美しい階段
クラシカルなホテルでは
チェックポイントの1つです( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_031432.jpg

日本@和モダンなホテルは
どちらかといえば「空間の美しさ重視」なところがあるけど
ヨーロッパは何もかも違うので刺激的

それぞれに良さがあり
「欧州」「京都」「リゾート」3方面への旅は
やめられませんヾ(@>▽<@)ノ

※当ブログの記事及び画像の無断転用リンクを禁じます※



by yukiriss66 | 2017-03-27 18:30 | 2016.06 ウィーン

16.06|Hotel Sacher Wien #1(Check-in)


再びWien旅行記に戻ります
次に移動したのはHotel Sacher Wien ★★★★★

ウィーンを代表する名門ホテル( ´ ▽ ` )ノ
ただいま!Sacher
a0294021_15371795.jpg


かれこれ3度目のStay
そろそろ「定宿」と言っても良いよね?(笑)
Salzburgと合わせたら4度目

有難いことに今回もお許しが出て
6連泊しちゃいます♡
a0294021_15374186.jpg


LHW加盟ホテルのはしごヾ(@>▽<@)ノ
前半3泊+後半6泊=9泊11日
観光名所の多い欧州旅で首都から出ないなんて
どれだけWienが好きやねんww
a0294021_15383474.jpg


Grand Hotelからは徒歩3分以内の近距離
それをタクシー移動(笑)

荷物が重かったのもありますが
スーツケースをゴロゴロ引いてHotel Sacher Wienへは
とてもチェックイン出来ませんヾ(@>▽<@)ノ
オペラ界隈という一等地ですし☆
a0294021_15394815.jpg


運転手さんが親切な方で
「代金は要らないから帰りは空港まで是非!電話して」
名刺を渡される(ダンディーなおじさま♡)

実はすでに車を手配済み
申し訳ないと感じて10 EUR渡しておきました
お礼を兼ねて( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_1540396.jpg


こんな時こそFiakerじゃないの!?
白馬「呼んだ?」ww
a0294021_1857317.jpg


ホテルスタッフから
温かい歓迎を受けるヾ(@>▽<@)ノ
半年ぶりの再会です
a0294021_15405967.jpg


仲良しベルマンとは熱いハグ♡
前回あまり交流がなかったドアマンも
数日後にホテルから少し離れた場所で会ったにも関わらず
驚いた表情をして「Hi☺︎」
挨拶してくれたのは嬉しかったな
a0294021_15412655.jpg


チェックインは14時ですが
12:30に入れて貰えてラッキー( ´ ▽ ` )ノ
レイトチェックアウトもリクエスト済みだったので
いつもよりお部屋で過ごす時間が長く
「帰りたくない病」が再発♡
a0294021_154207.jpg


ホテルへの想いは
過去記事「Check-in/out」編で
あれこれ熱く語っているため省略しますが

何よりもの魅力がヨーロッパらしい落ち着いた雰囲気( ´ ▽ ` )ノ
Wien中心部に建つアイコニックホテルなのに
一歩足を踏み入れると静か☆
Small Luxury系が好み
a0294021_1543669.jpg


数々の5ツ星に泊まってきましたが
「記憶に残るホテルかどうか」これ重要( ´ ▽ ` )ノ
1人旅なら濃い時間が過ごせるため
尚更それが自分の中でハッキリ分かるのです
a0294021_15435628.jpg


楽しい瞬間を同行者と共有するのも素敵だけど
より旅情が深まるのは1人の時♡
a0294021_15444416.jpg


Sacherで過ごす自分を想像しながら
お気に入りアイテムをパッキングヾ(@>▽<@)ノ
そんな時間も贅沢
a0294021_1546198.jpg

後半もホテル記事メインですが
季節を変えて何度も訪れているからこそ気付く事など
自分なりの視点で伝えたい♡

しばらくSacher記事が続きます( ´ ▽ ` )ノ
ラグジュアリー時間の始まり

※当ブログの記事及び画像の無断転用リンクを禁じます※



by yukiriss66 | 2017-03-22 18:00 | 2016.06 ウィーン

16.06|Grand Hotel Wien #11(Breakfast Buffet @Grand Brasserie)


Wien 4日目
12:00にチェックアウト
ゆっくり朝食を楽しみましょうヾ(@>▽<@)ノ
2日目に紹介済みのレストランGrand Brasserie
a0294021_1812327.jpg


LHW特典
コンチネンタル朝食付ですが
優待価格でブッフェもいただけます( ´ ▽ ` )ノ
たったの+EUR 10(1,240円)
ちなみにHotel Sacherは+EUR 17

5ツ星ホテルは5,000円前後が普通なので有難い♡
a0294021_1814591.jpg


最後だから
リッチ気分を味わおうと
朝から泡いっちゃいました(笑)ヾ(@>▽<@)ノ
週末はシャンパーニュ、平日はスパークリング、っぽい

大好物な生ハム&サーモン
チーズやハムの種類も豊富で文句なし♡
a0294021_18145891.jpg


プレーンなクロワッサン
カスタード入りのデニッシュはプチサイズ
ハード系やソフト系、スイーツ系、よりどりみどり( ´ ▽ ` )ノ

2日目のブレッドバスケット写真からも
それがお分かり頂けるかと♡
a0294021_18163244.jpg


ただでさえ優雅に過ごせる
ラグジュアリーホテルの朝食ですが
シャンパングラスやオリジナル食器で更に豪華度UP♡
途中でスタッフが「スムージーはいかが?」
回ってきてくれたり☺︎
a0294021_18172399.jpg


ホットミールはオーダー制
私は迷わずエッグベネディクト( ´ ▽ ` )ノ
ソースのシトラス感が少し強めでしたが
Hawaii@RHのが一番だから良いの(越されたら困るねん・笑)
a0294021_18174590.jpg


他には牛フィレステーキも!
さすがに私は朝から無理だけど(笑)
周りの欧米人は頼んでいる方が多かったww
ちら見したら本格的でブランチには良いかもヾ(@>▽<@)ノ

ホテルはリンク沿いに建ち
赤いトラムが行き交う光景を眺めながらの朝食
a0294021_18191636.jpg


元々はANA系列だった名残?
和食コーナーも充実していましたが
アジア人は私1人だけ(笑)
欧米人はトライしておらず誰も手をつけていない状態^^;

Wienに限っては
和食を欲することがなく我慢できるため
特に味見しませんでした
a0294021_181942100.jpg


期待を裏切らない朝食に大満足
ココ数年のホテル選び!
お部屋も食事も外してない( ´ ▽ ` )ノ
まあ LHW加盟ホテルは間違いないんやけどね☆haha
a0294021_18184830.jpg


朝食後この階段をトントン...と降りるのが何とも優雅だった♡
Sacher同様 ゲストの身なりもきちんとしていて
客層も落ち着いています
a0294021_1423652.jpg


Check-out時も
レセプションスタッフは丁寧で温かな応対
日本人Welcomeな空気が凄く伝わってくるのよね☺︎
a0294021_14234093.jpg


これで前半ホテル編は終わり( ´ ▽ ` )ノ
いつもより少し長めの旅という事で
後半はグラーツかリンツ、ザルツブルクで過ごすプランを練るも
「オーストリア航空が日本撤退」
寝耳に水@@なニュースが飛び込んできて...
a0294021_14243525.jpg


直行便で向かえないと
随分「遠い場所」に感じてしまう^^;
これからは簡単に旅立てなくなると思うと「ウィーンに留まろう」
あちこち巡るのは辞めました
a0294021_14245866.jpg

という事で引き続きウィーン編(笑)
まだまだ「後半レポ」が7days残っておりますが
どうぞお付き合い下さいませ♡
ヾ(@>▽<@)ノ

※当ブログの記事及び画像の無断転用リンクを禁じます※



by yukiriss66 | 2017-03-10 19:00 | 2016.06 ウィーン

16.06|Grand Hotel Wien #10(Cafe @Rosengarten)


夕方ホテルへ戻り 一休み
ロビーラウンジバーで寛ぐとしましょう
真紅のエレガントな空間 Rosengartenヾ(@>▽<@)ノ
a0294021_14275875.jpg


猫脚チェア、楕円形テーブル
カーテンのドレープ具合
全て私好みで退屈しないインテリア

「おしゃれ〜!」の度合いが違いますなあ( ´ ▽ ` )ノ
ヨーロッパは♡ウィーンは♡
a0294021_14284811.jpg


カーペットは
ロビーの大階段と同じアラベスク柄
チェアの彫刻もお部屋の物と同シリーズ?ヾ(@>▽<@)ノ
気づく度に1人ニヤニヤ(笑)
a0294021_21315038.jpg


奥にはバーカウンターがあり
夕方以降はムーディーな雰囲気になります
ちょうど私が来た17時からピアノ演奏スタート♡♡♡
18時を過ぎると一気に混みだしたので
早く来て良かった(撮影)
a0294021_14295788.jpg


テラス席(シャニガルテン)での朝食も人気らしく
次回のお楽しみにとっておこう

少し肌寒くなってきたから
温かい紅茶でリラックス( ´ ▽ ` )ノ
ダンディーなスタッフさん お勧めのJasmine tea
a0294021_20544959.jpg


りんごたっぷりApfelstrudel
ややラムレーズン多めでしたが(笑)
甘さが和らぐし全体的に大人テイストヾ(@>▽<@)ノ

オーストリアを代表するお菓子
この雰囲気でいただくからこそ美味しい♡
a0294021_2058968.jpg


ロビーの一角にあり
待ち合わせ場所としてもベスト
コンサート前に軽くアルコールを楽しむ
ドレスアップした紳士淑女の姿もちらほら( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_211116.jpg


ディナーをパスするつもりで
食べ応えあるApfelstrudelを選んだのでした

1人旅で良いのがココヾ(@>▽<@)ノ
自分の都合で(その日の気分)決められるところ
a0294021_217186.jpg


旅行中はバランスどうこうより
食べられる時は好きなだけ食べて体力をつけ(笑)
欲さない時は軽め or 抜いたりします
水分は常にたっぷりと♡

全部で EURO 12 w/Tip(1,500円)
a0294021_14302544.jpg


明日はCheck-outなので
最後の夜は「ラウンジで優雅に寛ぐ☺︎」
そう決めていました

1泊だとホテルダイニングを楽しむ余裕もなく
朝食オンリーで "優雅なHotel Life" とは言えませんよね
短いけど前半の3泊はギリギリOK
a0294021_214435.jpg


5ツ星ホテルは
専属のフローリストが定期的に取り替えていて
アレンジを見るのも楽しみ♡
a0294021_21352667.jpg


部屋に戻ると窓の外は大雨
夕方の予報が夜にずれ込んだらしい
室内から見るには「恵の雨( ´ ▽ ` )ノ」余裕綽々ww
a0294021_21155381.jpg

この日は21時就寝(笑)
Wienへ来れば水や空気も綺麗で
時々早寝するため → 肌や髪の調子も良いヾ(@>▽<@)ノ
全てが合っている気がする♡

※当ブログの記事及び画像の無断転用リンクを禁じます※



by yukiriss66 | 2017-03-01 22:00 | 2016.06 ウィーン

16.06 Wien|Tiergarten Schönbrunn(Imperial Zoo②)


Tiergarten Schönbrunnの続き
宜しければ関連記事からご覧下さいヾ(@>▽<@)ノ
Imperial Zoo① Kaiserpavillon(Lunch)

カフェで優雅に寛いだ後
再び動物園を散策
a0294021_13483875.jpg


「素敵な戸建に住んでいるのね!お庭も広いじゃない」
なんて声を掛けたくなる♡haha
a0294021_13454758.jpg


日本のZOOみたいに
檻が目立たず鉄格子なんかも無〜し( ´ ▽ ` )ノ
動物達との距離が近く自然
a0294021_13494097.jpg


孔雀なんて放し飼い(笑)
目の前でカメラを向けても逃げたりせず
ポージング!?ヾ(@>▽<@)ノ
a0294021_13452215.jpg


動物園をイメージして
最初にふと浮かぶのがやはり象さん♡

この子 ず〜っと動かないww
撮影するには躍動感がないんだよねえ
「お願い!動いて!少しだけで良いの!回れ〜右!!」と
心の中で叫んでみるヾ(@>▽<@)ノ
a0294021_1583554.jpg


すると!これですよ(笑)
時々「動物と会話出来るんじゃないの?」なんて言われる私
京都へ行っても池のカメが寄ってきて
「縁起が良い」と喜ばれたりww
a0294021_13501425.jpg


レンズは標準ズームで充分☆
望遠も持参したけど一度も使いませんでした
Tiergarten Schönbrunnは「自然な状態」が分かるアングル
背景を入れた方が動物が生き生き写ります

チーターのドアップver.があるものの
こちらを採用( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_1346298.jpg


食べ物フォトも同じですよね
なんでもデデーンと撮れば良いってもんじゃないww
a0294021_13504379.jpg


カバさんも自慢のお家と一緒にパシャ
「この子も よう肥えてるやん」
a0294021_1351896.jpg


ひゃーーー@@
に、に、睨まれたああああああ(笑)
日本語が分かるようですww
a0294021_1346288.jpg


広大な敷地面積ヾ(@>▽<@)ノ
夏は緑も多くどこを撮影しても殺風景にはなりません
a0294021_1573224.jpg


あまりに暑いと人間と同じく動物もバテて(笑)
日陰に隠れてしまうらしい
やはりベストシーズンの6月に来るべき!な場所( ´ ▽ ` )ノ
(肌寒い日もありますが5月も大丈夫)
a0294021_1351443.jpg


続いて大好きなホッキョクグマエリアへ♡
小高い場所から見下ろせるポイントに来てみたのですが
皆足早に去っていきます

これが原因ね^^;
背を向けたまま15分経過(笑)
「一瞬だけで良いからお願い!
私は遥々日本から来たの!皇帝像にも挨拶済みよ♡」
a0294021_1581687.jpg


すると〜また奇跡が起こるww
シャッターチャーーーーーーーーンスヾ(@>▽<@)ノ
なんて無防備な姿♡
やはりWineに住むと穏やかな顔つきに
なっちゃうのかなあ?
a0294021_1575083.jpg


お手洗いで襲われかけたけどね!haha
というのは冗談で扉の写真
a0294021_13472188.jpg


ミーアキャット
ガラス越し撮影ですが
本当に目の前にいるのですよ( ´ ▽ ` )ノ
威圧感を与えないようにしゃがむと寄って来てくれて♡
5カットぐらい撮影させてくれました
a0294021_2231112.jpg


動物達がのんびりしているので(笑)
連写ではなく通常撮影でOK

その後 仲間に呼ばれ(危険を察知?ww)
一斉に岩場の影に隠れてしまったので1分ほどの奇跡
a0294021_1572091.jpg


私が出会った子かは不明ですが
帰国数ヶ月後「パンダ妊娠〜双子のベイビー誕生」
こんな記事を発見( ´ ▽ ` )ノ

遠い異国の動物園ニュースが身近に感じられて
心から嬉しかった♡
a0294021_1347357.jpg


動物園は出入り口が3か所
のんびり好きなように周る事が出来ますよ
1か所だと経路の都合上、一方通行になってしまったりと
狭く感じたりしますよね?(国内)

私はシェーンブルン宮殿庭園から入場
隣駅のHietzingから出て地下鉄で帰るコース
a0294021_17202180.jpg


Tiergarten Schönbrunnは「市民の憩いの場」
年パスホルダーらしきファミリーがほとんど( ´ ▽ ` )ノ

アジア人に1人も出会わなかった
団体客が動物園へ来ることは滅多にないと思いますが
ツアーがどう周るか熟知しているため
鉢合わせもなし☆
a0294021_13381750.jpg


睡蓮咲く池に涼を感じたり
ベンチで読書する地元民の姿に癒されたりと
まるで公園のよう

オーストリア人と同じく
動物たちもどこか穏やかでマイペース
幸せそうに見えたのが印象的でしたヾ(@>▽<@)ノ
表情がのほほんとしてる♡
a0294021_147410.jpg


夕方から雷雨の予報!そろそろ帰りましょう
天気がもってくれて良かった

曇天時は「空の分量」を減らし
こんな風に緑を入れたりします( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_1323539.jpg


リゾートでも応用出来ますが
空も海もどんより@@写真が暗ーーーい!そんな時は
「なるべく花を撮る」鮮やかな色を探すと◎
お試しあれ〜☺︎
a0294021_1328266.jpg


Wienの地下鉄は
地上を走る路線もあったりで明るい( ´ ▽ ` )ノ
鉄道やトラムも清潔で言う事無し

リンク内までは20分と近いのに
郊外の宮殿へDay tripした感覚にもなれるのが良い
a0294021_1323366.jpg

Wienでは思いきり優雅に過ごすのが好きですが
ファミリーが集まる場所へ出掛けると
心癒されますね

という事で初の海外動物園
想像以上に楽しめて学ぶ事も多く有意義な時間でした
プラハやミュンヘンZOOも気になる♡

※当ブログの記事及び画像の無断転用リンクを禁じます※


by yukiriss66 | 2017-02-25 20:00 | 2016.06 ウィーン