VIE & HNL * Diary

カテゴリ:2015.12 ウィーン( 45 )


15.12 Wien|Mozarthaus Vienna


「何もしない事が贅沢なリゾート旅」と大きく異なるのは
芸術品や歴史的建造物を自分の目で見て
知識を深められること♡

もちろん個人旅なので
「訪れるタイミング」も考慮しながら
次回にするか今か?この辺の決断を大事にしています
a0294021_1628625.jpg


Mozarthaus Vienna
(モーツァルトハウスウィーン)

リンク内のひっそり静かな裏通りにあります

Wienで住んだ十数軒の家のうち
現存する "唯一のもの" で1784年〜1787年まで住んだ場所
最も幸せな期間だったらしい( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_1628384.jpg


ハイドンやベートーベンが訪れた記憶も残っているとか☆
旅行中はピンと来ないけれど
「かの有名な音楽家が活動した街なのよね」と
帰国後 改めてしみじみ(笑)

館内は撮影禁止
パンフレットをご覧下さいませ
a0294021_162935100.jpg


チケットを買ったらEVで4階へ上がり
降りていくという見学スタイル

ネタバレになるため詳しくは話せませんが
『魔笛』のミニ舞台?が面白くて何度も鑑賞ヾ(@>▽<@)ノ
パパパ パパゲーノww
(これは2015年の特別展示らしく現在は不明)
a0294021_162992.jpg


館内移動の際
階段は撮ってもOKみたいでパシャ
Salzburg「モーツァルトの生家」を思い出すなあ( ´ ▽ ` )ノ
こんなアパートに住みたい♡
a0294021_16302760.jpg


オーディオガイドの説明が
展示に対して長い気もしたので(ファンには嬉しいけど)
「とりあえず入ってみる?」な方には
退屈だと思います@@

たっぷり時間があって
モーツァルトの生涯や時代背景についてじっくり触れたい
音楽好きな方にお勧め( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_16311994.jpg


有名なオペラ
『フィガロの結婚』が作曲された場所


今日こちらへ来た理由は
「夜にオペラ鑑賞する演目」だからヾ(@>▽<@)ノ
セットで訪れようと考えていたの
a0294021_1631448.jpg


オーディオガイドによると
部屋の中がどう使われていたかは不明
窓から見える景色は "当時とほぼ一緒" らしい( ´ ▽ ` )ノ

モーツァルトも ぼんやり眺めていたのかな?
なんて思う瞬間が特別でした
a0294021_16373010.jpg


団体さんが押し寄せる
王宮やシェーンブルン宮殿とは違って
こちらは静かに「モーツァルトの世界」に浸れますよ♡
入場料 10ユーロ(1,330円)
a0294021_1633329.jpg


最後はお買い物
Mozart goodsが勢揃いヾ(@>▽<@)ノ
a0294021_16333290.jpg


ポストカードは
自分が撮影したアングルと似たものがあると
嬉しくなっちゃいます♡
a0294021_1415438.jpg


『フィガロの結婚』以外にも
モーツァルトが生み出した作品について学べますし
館内コンサートホールのイベントも
気になっています

以下 私のオペラ鑑賞メモ( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_16321240.jpg


『コジ・ファン・トゥッテ』
生まれて初めて観たオペラ(国内)

『ドン・ジョヴァンニ』
国立マリオネット劇場にて(チェコのプラハ)

『魔笛』
シェーンブルンマリオネット劇場にて(ウィーン)
a0294021_18244943.jpg

そして今宵のオペラ演目が
『フィガロの結婚』(ウィーン国立歌劇場)

4大オペラ制覇( ´ ▽ ` )ノ
夜が楽しみです♡

※当ブログ内の記事及び画像の無断転用を禁じます※



by yukiriss66 | 2016-01-15 19:00 | 2015.12 ウィーン

15.12|Hotel Sacher Wien #13(Breakfast Set @Café Sacher)


ウィーン 4日目

夕食を抜いた翌朝の食事
美味しいに決まってますね(笑)

Café Sacher
2日目に紹介したLHW特典でいただける朝食 → ❤︎
次は「窓側が良い」と伝えて席へ
a0294021_18561935.jpg


ヤッター!まだ誰もいないヾ(@>▽<@)ノ
クラシカルな内装(屋内)は朝からエレガントで素敵だけど
徐々にこちらのエリアを好むように♡

明るく開放的なスペース
朝はゲスト率が高いですよ(鍵で分かる)
a0294021_1432299.jpg


「マダム♡」なんて呼ばれて
美しいテーブルセッティングに大満足ですが
徐々に申し訳ない気もしてきて(笑)
これが最後です
(6泊中 2回だけ利用)
a0294021_18572170.jpg


あれこれ説明しなくても
クオリティの高さが伝わっちゃうSacherの朝食♡
このペーストが美味しいの( ´ ▽ ` )ノ
多分パプリカかな!?

シンプルなパンにも合いますよ
a0294021_1859865.jpg


ふと窓の外に目を向けると
ベルマンが覗いて手を振ってる(笑)ヾ(@>▽<@)ノ
それを見てニコニコ笑顔のカフェスタッフ
何!この温かな雰囲気☆

一人だとあれこれ気遣って頂き
スタッフと話す機会も増えるから楽しい
a0294021_193646.jpg


エッグスタンドも
ザッハーオリジナル食器があったのね
(前回は白いスタンドでした ← 細かいチェック)
a0294021_191647.jpg


ジャムの美味しさは勿論
はちみつが香り高くてお気に入り( ´ ▽ ` )ノ
喉にも良いしね♡
a0294021_1923051.jpg


窓の外はオペラハウス
ということは私の部屋と同じ位置

馬車の出勤風景を見れたり
優雅な気分に浸れますよ( ´ ▽ ` )ノ
朝食レストランが「地下」だったりすると
テンションだだ下がりww(これは予め調べますけどね)
a0294021_1935184.jpg


食後はクグロフ
生クリーム大嫌いな私は
昔から「ザッハトルテ」「クグロフ」が好きだった
お菓子も伝統あるものが好き〜♪

ショートケーキは日本発祥と言われてるけど
本当のところは不明だそうww
苺なら断然タルトだね♡
a0294021_1944774.jpg


上品サイズにカットされたクグロフは
重たくないのが良い( ´ ▽ ` )ノ
爽やかオレンジとリキュールのリッチな味わい!!
紅茶が合いますなあ(笑)

Sacherの食器セットも
ゲストである喜びを倍増させてくれる
a0294021_1991439.jpg


今日のファッション
ザッハーに敬意を表し(笑)同じ色のワンピ
クリスマスっぽいかな?と☆

お洒落なブロ友さんが褒めて下さって嬉しい
ありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_11493889.jpg

昨日はHundertwasser建築に触れたり
歩きまくった1日でしたが
今日は「音楽に触れるDay」
お気に入りワンピで優雅に過ごしたいと思います♡

※当ブログ内の記事及び画像の無断転用を禁じます※



by yukiriss66 | 2016-01-14 12:00 | 2015.12 ウィーン

15.12|Hotel Sacher Wien #12(Dessert plate)


ホテルに戻って来ました
うっとりBlue Momentを楽しんだ夜は
「景色でお腹いっぱい♡」な事が多い私( ´ ▽ ` )ノ
ディナーはパスしよう

けど歩き疲れた分(17,000歩)
珍しく甘い物を欲した まさにその時@@
a0294021_13523280.jpg


お部屋のチャイムがなり
スタッフが「Dessert Plate」を届けてくれました♡
ビックリ(笑)なタイミングww
a0294021_13562415.jpg


7月Stayでも紹介済みですが
ウェルカムギフト以外にも「差し入れ」があります( ´ ▽ ` )ノ
甘い物NGだけどSacherが用意してくれるものは
不思議と食べられる(笑)

一口サイズに美しくカット
「手間がかかってるな」と思える瞬間が贅沢☆
a0294021_13554144.jpg


丁寧なサービスが嬉しいし
お気に入りの部屋で頂くと美味しさ倍増

Suite Roomは1泊や2泊だと
使いこなせない場所も出て来ちゃうのですが(あるある笑)
6泊すれば自宅並みの寛ぎ空間!?
愛着が湧いてくる( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_142863.jpg


Sacherのシティビュー側は窓も多く四角い間取りメイン
ハズレも少なく安心(中庭ビューは不明)

ポーチから3つの部屋にアクセス出来て
ドアを開けたらリビングルームが見えないのが◎
ハイカテゴリほど気にする部分
a0294021_19125935.jpg


連泊を強調している理由
実は "お得" だからなのですヾ(@>▽<@)ノ

HPやLHW経由の予約
「3泊分の正規料金で4泊目が無料+25% off」
このプランに空きがあるとラッキー
a0294021_14113066.jpg


なので実際は1泊だけなら
Top Deluxeは88,000円(2015年12月)
これを調べて「キャー@@高い!連泊無理」と諦めないでww

勿論 泊数が増えれば
合計額もそれなりに嵩みますが
滞在が長いほど満足度も高くなるホテルであると
自信を持って言えます( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_14131820.jpg


お部屋代は
1人でも2人でも変わりません

そういった意味では
同じ金額で2人まで泊まれるため
「両親を連れて来てあげたいヾ(@>▽<@)ノ」と思うのですが
a0294021_141512.jpg


母は飛行機NGで空路移動が無理
父は「ホテルで優雅に過ごすよりも観光したい派」@@
せっかく2人揃って元気なのに(笑)

まあ 両親が仲良く一緒に暮らしてるだけでも
幸せだと思う事にしましょう♡
a0294021_14234796.jpg


5日目には
ウェルカムフルーツも総入れ替え
a0294021_14101217.jpg


完食せず申し訳ないけれど
眺めるのが好きなもので(笑)LHWのマイページからも
リクエストは変えてません^^;

ガラスの器も素敵
フルーツがゴロゴロ転がらないのもイイネ☆
a0294021_1485238.jpg

この日は21時就寝(笑)( ´ ▽ ` )ノ

※当ブログ内の記事及び画像の無断転用を禁じます※



by yukiriss66 | 2016-01-13 17:30 | 2015.12 ウィーン

15.12 Wien|Christmas × Blue Moment @Graben


クリスマスマーケットの次は
「紺碧の空」をお楽しみ下さい( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_190339.jpg


ほんの数分前は こんな感じ
見逃しちゃ〜損ですぜえ(笑)ヾ(@>▽<@)ノ

ケルントナー通りとグラーベン通りが交差する場所
人通りが多いのに石畳を見て!
ゴミ一つ落ちてない綺麗なWienの街
a0294021_1913410.jpg


Blue Moment
"天気が良かった雲のほとんど無い
または全く無い空気の澄んだ日にだけ現れる"(wikiより)

晴れ女の私は
シャッターチャンスが多いわけだ(笑)
hahaヾ(@>▽<@)ノ
a0294021_1925929.jpg


グラーベン通り
毎年同じイルミネーションですが
街が充分美しいので派手に飾り立てる必要がないのかも☆

これを見ると
LEDギラギラなデコレーションは
「頑張り過ぎちゃってるな」と感じるでしょ(笑)
a0294021_1951049.jpg


グラーベン通りの「H & M」
景観に馴染んでいて素敵( ´ ▽ ` )ノ
若者向けではなく上位ラインの商品を揃えた店舗らしい

けど@@あの袋を持って
Sacherには帰れない...かなww
a0294021_19101847.jpg


続いてケルントナー通り
高級ブランドが軒を連ねるコールマルクト通りより
カジュアルで賑やか( ´ ▽ ` )ノ

観光客だらけのため
足早に通り過ぎるだけの私ですが
「毎回立ち寄るデパート」があってハイブランドは
一通りチェックしてます♡
a0294021_19113668.jpg


Gerstner
7月@Wien旅でカフェ利用 → ❤︎

クリスマスのショーウィンドウ
さすが王室御用達店!可愛いのに高級感が漂ってますね
店内のショーケースを覗いてみると
トルテは上質なバターが使われているのか
ボソボソしてない(見た目)
a0294021_1914693.jpg


こちらLOBMEYR
1823年創業 シャンデリアが有名
オペラハウスや王宮、宮殿、楽友協会ホールなど
歴史的建造物を飾っています

Sacherのレストランにもあるのが嬉しい☆
老舗の看板は「ここですよー」とライトアップしないのが
自信の表れ(笑)( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_19154468.jpg


昼間の写真も載せておきます
(前回撮影した中から探し出しました)

ワイングラスが欲しいのですが
もう少しお勉強してから じっくり選びたい
a0294021_22152719.jpg


最後は光り輝くシュテファン大聖堂
Blue Momentは他の場所も狙ったので後日UP予定

7月はシェーンブルン宮殿にて撮影
宜しければご覧下さい → ❤︎
a0294021_19162125.jpg

昨夜は友人と飲んで語って
楽しいホイリゲナイトでしたが(笑)
「何て美しいの@@」1人ウットリ酔いしれる時間も
好きだったりします( ´ ▽ ` )ノ

※当ブログ内の記事及び画像の無断転用を禁じます※



by yukiriss66 | 2016-01-12 22:30 | 2015.12 ウィーン

15.12 Wien|Weihnachtsmarkt @Stephansplatz


12月の欧州旅( ´ ▽ ` )ノ
クリスマスマーケットはもう何度目だろう!?
a0294021_1642392.jpg


昔はあちこち巡っていました
本場ドイツでしょ、オーストリア、フランス、ベルギー
ハンガリー、スロバキア、オランダ

ウィーンに限っては
「あ〜何か広場でやってるね♡」と軽く立ち寄る感じで
住人感覚の私(笑)( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_1615783.jpg


シュテファン広場前
こじんまりと小さなマーケット
お散歩がてら楽しめるのが良いヾ(@>▽<@)ノ
馬車にも会えるしね♡♡♡
a0294021_1655490.jpg


最近は「撮影禁止」なブースも増えて
張り紙(カメラ×のマークね)を目にするようになりました
a0294021_161983.jpg


平日は割と静かな感じですね
土日は近隣諸国の観光客(週末Stay)やファミリーが増え
一気に賑やかになります( ´ ▽ ` )ノ

Wienは治安が良く安全ですが
人混みではスリに要注意
a0294021_1623831.jpg


お気に入り花屋さん♡
いつもココで撮影している気がします
a0294021_1694051.jpg


クリスマスバージョンになってました
a0294021_16101237.jpg


日が暮れて
イルミネーションが灯り始め
a0294021_1834648.jpg


シュテファン寺院もライトアップ☆
昼間とは全く違った世界
a0294021_1834321.jpg


天使やスノーマンのオーナメントがゆらゆら( ´ ▽ ` )ノ
別の場所で買ったので後日UPします♡
a0294021_18371423.jpg


最後はシュテファン寺院でお祈り
夜に来ると空いてて静か☆
欧州旅では「旅の安全や家族の健康と幸せ」を願います
心を落ち着かせる時間!大切だわ

ブロ友さんの旅レポでも
初訪問@街の教会へ「ふらっと入ってみました」記事を
拝見するのが大好きな私( ´ ▽ ` )ノ
自分と重なるんだよね〜
a0294021_18413276.jpg


このように街の広場で行われる事が多い
クリスマスマーケット

場所によって異なりますが
シュテファン広場は「雑貨メイン」で
食べ物のブースはほとんどなく静かです
a0294021_18441657.jpg


コレクターも多いYearマグカップ
名物グリューワインの香りが懐かしいな( ´ ▽ ` )ノ
飲まなくても酔えるって(笑)

ゴミも散らかっておらず
どこも綺麗だから安心して下さい
a0294021_1845386.jpg

まもなくBlue Moment Timeヾ(@>▽<@)ノ
12月のウィーン → 日没時間は16:00

逆算して観光しないと
幻想的な風景は撮れません♡
これがボツると台無しなヨーロッパ旅行

※当ブログ内の記事及び画像の無断転用を禁じます※



by yukiriss66 | 2016-01-11 15:00 | 2015.12 ウィーン

15.12 Wien|Kunsthaus(Lunch @TIAN BISTRO)


美術鑑賞後は併設レストランでランチ( ´ ▽ ` )ノ
TIAN Bistro Kunsthaus Vienna
a0294021_1650691.jpg


引き続きヴァッサーの世界が楽しめちゃいます
他にはない雰囲気が良いでしょ♡

お客さんが去った時を狙って撮影しているため
実際はガラ空きではございません(笑)
a0294021_16515331.jpg


太陽光が降り注ぐレストラン
途中から晴れて良かった!真冬なのに この明るさ( ´ ▽ ` )ノ
レンズに助けられている部分もありますが
暗い場所は苦手(ホテルも同じ)

設計において窓の位置や数は
重要ですものね
a0294021_2044259.jpg


早速 白ワイン
Gobelsburg Gruner Veltliner
「あ〜〜〜〜〜〜〜幸せ♡」優雅な午後
a0294021_16522298.jpg


オーガニック食材を使ったベジタリアンメニューがメイン
しかもグルテンフリー

自然と調和したヴァッサーの世界+体に優しい食材
コンセプトまでズレがなく素敵♡
気に入った( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_16532486.jpg


potato and leek soup
身体に栄養が染み渡る感じがたまらないヾ(@>▽<@)ノ
Wienに限らず中欧はスープが美味しい

ワインが一緒だと
これだけでも立派なランチですね♡
(パンは残しました)
a0294021_1654233.jpg


grilled sandwich
コールスローとサラダ付
ご丁寧にディップまでサーブされますが
ケチャップとマヨなんて無くても充分美味しいよ(笑)
ミニサラダもレモンドレッシングで
爽やか仕上げ☆

食事が酷い国を旅した時は
添乗員さんがポン酢を持ってきてたっけ@@
a0294021_1732326.jpg


チョリソー&アボカド入り
チーズの量が控えめでヘルシー♡
見た目もお味もOK!なことが多いWienが大好き

ベジタリアンメニューは
味が薄そうなイメージですが → その心配も無用
a0294021_1735590.jpg


全部で20ユーロ w/Tip(2,660円)
当然ながら「ホテル食」に比べると安くて嬉しい( ´ ▽ ` )ノ
ワインもう1杯 飲んでおけば
良かったかな〜haha
a0294021_1742373.jpg

店員さんが皆キュートで
そしてよく働く!ワイン率の高いお洒落Bistroでした♡
お手洗いもヴァッサーの世界
必見ですよ( ´ ▽ ` )ノ

お料理も味わい深く
野菜不足信号が出たらココへ来よう!
何しろ「炭水化物ばかり」に偏る欧州ですからね(笑)

※当ブログ内の記事及び画像の無断転用を禁じます※



by yukiriss66 | 2016-01-09 12:30 | 2015.12 ウィーン

15.12 Wien|Kunsthaus(Museum Hundertwasser)


Hundertwasserhausから数分歩いた場所にある
Kunsthausへ到着( ´ ▽ ` )ノ

セット訪問が普通なのか
来る途中も分りやすい案内がちらほら
a0294021_1615623.jpg


見れば見るほどに
引き込まれるヴァッサーの世界
1枚1枚に「これでもか!」と魅力を取り込めて
撮影も楽しい〜ヾ(@>▽<@)ノ
a0294021_16164869.jpg


建物やタイルだけではなく
石畳まで歪んでうねっているの!

「不規則な要素」が集まると
「直線的なものは面白みがなく退屈?」なんて錯覚が起きたり
目が釘付けになる私( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_16243882.jpg


2階と3階が美術館
入場料は10ユーロ(1,330円)
撮影禁止なのでパンフレット写真をご覧下さい
a0294021_20522327.jpg


うねった煉瓦やガラスタイル
ブースごとに異なる壁の色や木材☆
展示された絵画も立体的に見えたりと退屈しません

小さなアトリエという感じで
今にも奥から「ヴァッサーが現れそうな」雰囲気も
凄く良かった( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_20505340.jpg


こちらも観光客が押し寄せることなく
1人でふらっと来てる方が多い → 静かに楽しめます

美大生らしき若者が
真剣に作品を見たり何かメモしたり
パシャパシャ撮影しちゃうマナーの悪い人もいない☆
a0294021_16444155.jpg


ミュージアムショップへ

ポストカードは記念にね(*^ ^*)
しっかりした紙で両面だわりあるデザインにも関わらず
1〜2ユーロは安い!30ユーロ分も購入ww
a0294021_20471186.jpg


スペイン乗馬学校 同様に
美術館の併設ショップは粋なグッズばかり♡
「街のお土産屋さん」(笑)とは一線を画した雰囲気( ´ ▽ ` )ノ

ポストカードサイズの小さな袋まで
ヴァッサーデザイン
a0294021_204927.jpg


日本人女性と結婚していた時期があり
名前を和訳した「百水」の雅号も持っているヴァッサー
作品にもサインを発見(*^ ^*)
a0294021_16454135.jpg


最寄りのトラム停留所からは5分ぐらい
私は良い運動になるだろうとお散歩がてら来ましたが
リンクから徒歩圏内(30分)なのも◎
a0294021_16473963.jpg


ヴァッサー建築はオースリア以外に
ドイツや日本(大阪)にもあるのですよ( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_20495131.jpg


"自然との調和" や "エコロジーとの融和"
環境問題にも積極に取り組んでいたヴァッサーの挑戦や工夫が
建築(美術)を通して
見るものを惹きつけるのでしょう

ただただ「奇抜な世界」じゃないことも学べて
有意義な時間でした♡
a0294021_16431589.jpg

喉が乾いた@@
そろそろワインの時間ですよ(笑)
昼間のね!ww

※当ブログ内の記事及び画像の無断転用を禁じます※



by yukiriss66 | 2016-01-08 22:00 | 2015.12 ウィーン

15.12 Wien|Hundertwasserhaus


オーストリア旅も8回目!たまには
「ベタな観光名所」を避けたレポートでも いかが(笑)?
3回に分けてお届け予定( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_21162777.jpg


12月はクリスマスマーケット目当ての観光客が多いので
あえて違う場所を選びました☆

Hundertwasserhaus
(フンデルトヴァッサーハウス)
a0294021_13121391.jpg


Hundertwasser
(フンデルトヴァッサー)
"ウィーンのガウディ" と呼ばれる画家&建築家

彼の作り出す独創的でリズミカルな「曲線の世界」は
ここがWienという事も忘れちゃう(笑)
a0294021_13122697.jpg


年に3回も再訪すれば
「変わった物(面白い物)」も見てみたくなります( ´ ▽ ` )ノ
リンク内の整った街並みとは対照的で
とても刺激的でした〜☆

こちら公共住宅 → 実際に人が住んでいるため
中には入れません
a0294021_215669.jpg


中心部から徒歩30分
古都Wienにこんな場所があるとは驚きヾ(@>▽<@)ノ
この一角だけが別世界なのです

一緒に撮ると
後ろの建物との対比が面白いでしょ
a0294021_217658.jpg


団体さんが押し寄せるエリアではなく
建築好きっぽい一眼レフカメラマンが数名いるぐらいで
静かに見学出来ました☆

濡れた石畳に注目!
昨夜まとまった雨が降ったらしい
今朝は止んで傘要らずの曇り空でしたが...
a0294021_21103919.jpg


ほ〜ら!晴れて来た♡
次なる場所では「明るい感じ」で撮影したかったから
タイミング良過ぎ( ´ ▽ ` )ノ

まあ Wienはリゾート地じゃないので
たとえ降られてもガッカリすることはありませんが(笑)
「ここぞ!」って時に毎回雲を呼んじゃう
雨男&雨女にお勧めの中欧ww
a0294021_13114970.jpg


ガウディ♡
スペインといえば
秋に直行便@イベリア航空が再就航

ブロ友さんの記事を拝見して
「絶対にトレドは行くぞー!」と決意したし
ホテル好きとしては "パラドール" に泊まりたい( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_21141675.jpg

なんて☆Wienにいながら
スペイン旅の妄想をしていた私♡haha

ヴァッサーの世界は
まだまだ続きますヾ(@>▽<@)ノ

※当ブログ内の記事及び画像の無断転用を禁じます※



by yukiriss66 | 2016-01-07 13:30 | 2015.12 ウィーン

15.12 Wien|Café Mozart(Breakfast vol.1)


ウィーン3日目

朝食はCafé Mozart
Sacher建物内 →「ホテルカフェ」同然な
利用頻度でございます( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_1595646.jpg


ツリーのオーナメントがMozart Kugel(笑)
6年前からずっとコレなのよ♡

Wien通いが増えるにつれ
新しいものには全く興味を示さなくなりました
「変わらないもの」にホッとする私
a0294021_15113886.jpg


高級レストランのような雰囲気♡
重厚な扉を開ける瞬間から「カフェ時間」は始まるのです
自動ドアなんてNO-no(笑)

品のあるウェイターに
席案内されるだけで優雅なWienのカフェ
a0294021_1512691.jpg


人気カフェのため
日中来る事は ほとんどなく
観光客のいない静かな朝時間を狙います
a0294021_15493123.jpg


Menuも見ずに
アラカルトオーダー
まずはフレッシュオレンジヾ(@>▽<@)ノ
昨日は飲み過ぎたから(笑)コーヒー辞めて紅茶♡
a0294021_15152958.jpg


ブリオッシュキプフェル
7月の旅(2回目)で売切れだったので
朝早く来たのよ〜

ふわふわで軽い( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_15174717.jpg


サーモンは絶対♡
パンが甘い分 ホースラディッシュ(西洋わさび)で
バランス取る感じかな
a0294021_1519494.jpg


My Best Selection
テーブルに並べられた朝食を眺めるだけで幸せ( ´ ▽ ` )ノ
全部で25ユーロ w/Tip(3,325円)
a0294021_15215623.jpg


特等席で新聞を読むダンディーなおじいちゃま
並んで座っちゃう仲良し夫婦♡
それぞれの「朝時間」

そんな心地良い空間に
溶け込んでいる自分が信じられないような
嬉しいようなヾ(@>▽<@)ノ
a0294021_15253050.jpg

8:00~9:30までカフェで過ごしました( ´ ▽ ` )ノ
ビジネスマンですら ゆ〜ったり(笑)
席の入れ替わりが少ないから
落ち着いて食事が出来るのかも知れません

食後はホテル@部屋に戻ります
ミニバッグで「朝食のため」だけに出掛けるのが大好き
だからご近所じゃなきゃね♡

※当ブログ内の記事及び画像の無断転用を禁じます※



by yukiriss66 | 2016-01-06 10:00 | 2015.12 ウィーン

15.12 Wien|Heuriger Night(Dinner)


夜は友人とお出掛け♡
「ホイリゲはどう?」「良いね」
ワインを飲めるようになった事を話していないのに
サクサク決まる(笑)

Heurigerは初Wienで訪れた以来
1人で行くには寂しい場所だから嬉しいヾ(@>▽<@)ノ
「皆で飲んでる気分」が味わえて
社交場のような雰囲気
a0294021_15413487.jpg


お勧めの白ワインは
爽やかな香りで後味スパイシー(初心者感想)
美味しくておかわり頂きました♡

ショーケースのお料理を選び
その場で会計というセルフスタイルが一般的です
Speisestrüdelかな?
野菜たっぷりのパイ包みが絶品
a0294021_15431720.jpg


友人はBlutwurst
いわゆるブラッドソーセージ

見るからに苦手食材(笑)ですが
欧州では料理をシェアする習慣があまりなく1人1皿が基本
「少し食べる?」なんて聞かれずホッ☆
hahaha( ´ ▽ ` )ノ
a0294021_15444876.jpg

店名や場所は秘密ですが
歴史ある建物ながらもアットホームな雰囲気で
オーナーご夫妻も素敵な方♡

飲んで語って
楽しい夜でした〜ヾ(@>▽<@)ノ
ワインのおかげで明らかに「世界が広がった」気がするし
お酒は重要なコミュニケーションツール

※当ブログ内の記事及び画像の無断転用を禁じます※



by yukiriss66 | 2015-12-29 11:00 | 2015.12 ウィーン